what's fxxkin' goin' on

Chuck-Eric

ちょっと前にTVでチャック・ノリスの映画を観ていたら、前々から感じていたことを確信した、ような気がした。次の日に会社で隣の席のヤツに自信を持って尋ねた。
「チャック・ノリスとエリック・クラプトンて似てねぇ?」
即座に
「ただ、ひげ面なだけじゃん」
「・・・」

それはよしとして、『デルタ・フォース』以外のチャック・ノリスの映画って邦題は「地獄のナントカ」ばっかりな気がする。ちょっと調べたら『野獣捜査線』ってのもあった(よく考えたらコレもTVで観てた)が、ブルース・リーの『ドラゴンへの道』は主役じゃないから置いといて、『地獄のヒーロー』、『地獄の復讐』、『プレジデントマン/地獄のステルスコマンド』、『地獄のヒーロー/グラウンド・ゼロ』etc. 何か無理やり地獄を付けてるっぽいタイトルばっか・・・。『地獄のヒーロー』なんて5つくらいあったし。しかし、地獄のステルスコマンドって何だ? 全く知らなければ、『プレデター』みたいな光学迷彩の戦闘マシーンみたいの想像しそうなんですが。実際には大統領直下の特殊部隊(単独)の話なのだが、共演してた若くてゴツい白人の方がチャック・ノリスよりも目立ってたような・・・。
それにしても、チャック・ノリスが出てくるだけでB級なイメージになってしまうのは何故??
[PR]
by clashpenguin | 2004-12-30 02:36 | other
<< Year DQ VIII >>